ブラジルで人気のお尻は大きいおしり!

ブラジルでは大きい方がセクシーみたいです。

アニメソングのキューティーハニーでは、この頃流行りの女の子はお尻が小さいと唱われているように、日本では昔からお尻はキュっと上がった小さなお尻が好まれる傾向があります。
しかも、男性の視線はお尻より先に胸に視線が行くような気がするのは私だけでは無いと思います。

 

しかし、ブラジルでは美尻のコンテストなるものが開催され、一般的に大きなお尻がセクシーとされ胸よりもお尻がポイントのようです。
ただ大きいだけでは美しくなく、適度に引き締まり、ニキビや肉割れ、黒ずみが無く肌にハリがある事が重要なようです。
コンテストに出場する女性達は顔のケアよりもお尻にお金をかけるそうです。

 

コンテストに出る予定の無い私ですが、お尻には悩みがあります。
父に「外国の女性みたいな大きさだな。」と言われた時はとうとう日本から飛び出してしまったのかと、自分のお尻の大きさについて考えずにはいられませんでした。
内心ブラジルに生まれたら良かったとも思いましたが。

 

お尻が大きくなると、小さくて適度に筋肉がある人より硬くなります。
大きくなるのだから、大きなお腹のように柔らかくなるのを想像しますが、逆なのです。小さくて、しなやかな筋肉がある人のお尻は胸と同じくらいの柔らかさです。
そんな小さなお尻なら立派なチャームポイントになりそうです。

 

また、お尻が大きくなると垂れやすくなります。太ももとお尻の境目が曖昧になり、太ももが短く見えてしまいます。
また、お尻が大きくなるとジーンズを履くときのトップスはお尻より長い物を選びかちになるので少し老けた印象になります。
この夏に流行ったホットパンツなんて絶対に履けません。

 

お尻が小さくなったら、スキニージーンズを履いてトップスは短めのボルドーのカーディガンを合わせたいなと妄想しています。それには、まずは小さくする努力が必要なんですがこれは、いつになるかは分かりません。
今は大きなお尻を安産型でしょ。と自慢すると昭和だねと、突っ込まれてしまいそうですが。

 

女性にはいつかという希望を持っている事も必要なのかと思います。

 

母から譲り受けた、下半身デブ。

私は太ると、脂肪がお尻や太ももにつきます。お尻が大きい為、ズボンを履きたくてもお尻のサイズに合わせてサイズを選ぶので、ウエストがガバガバになり履けません。私は一生このままこのお尻と付き合っていかなくてはいけないんだ。と、悩んでいた時にある一つのガードルと出会いました。

 

友達から「すごいガードルがあるから一度試してみて!」と紹介を受けサロンへ行きました。ガードルを試着して、ズボンを履いてみると、ビックリしました!あれだけ大きかったお尻が、小さくまとまっていました。こんなお尻を今まで見たことがありませんでした。もちろん即購入し、毎日履き続け、12年が経ちました。

 

それまでに3度の出産を経験し、その度に18キロ太っては、痩せて、を繰り返しましたが、このガードルのお蔭で、出産前と変わらない体系を維持することができています。今は、毎朝ヒップアップを意識しながら、かかとを上げながら立って化粧をしたり、毎晩お風呂上りにスクワットを30回やり続けています。

 

テレビに出ているモデルさんなど、とてもスタイルのいい方ばかりですが、きっとその裏には努力があるものだと思います。何もせずに美バディーを維持できる人はいないと思います。コンプレックスは誰にでもあると思いますが、それをどう改善していこうとする気持ちでいくらでも女性は綺麗でいられると思います。実の母も11年前から、このガードルを履き続けていて、ズボンのサイズも小さくなり喜んでいます。

 

あと冬になるとできていたお尻の吹き出物まで解消されました。吹き出物まで解消したのにはビックリ!驚いてしまいました。
通気性が良くなったからかな?皮脂がたまらなくなったからなのかよく分かりませんが、治って良かったです。

 

このガードルのお蔭で、たかがガードルですが母も私もコンプレックスが解消され毎日明るく楽しく生活出来ています。このガードルを紹介してくれた友達には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。同じ悩みを持っている人がいたら、ぜひお勧めしたいと思います。